大企業と中小企業では、給料や福利厚生、役職手当、退職金などに違いがあります。

大企業・中小企業の給料の違い

 

給料の違い

 

大企業と中小企業によって給料には違いが出ることが多いです。

ここでは大企業と中小企業の平均年収の違いをご紹介します。

 

大企業の平均年収

業種などにもよりますが、大企業の平均年収は700~800万円ほどとなっています。
しかし、入社年数や肩書きなどによっては平均年収を多く下回る給料を貰う人もいます。
大企業では福利厚生などが整っているところも多くあり、安定雇用が見込めることが特徴です。
年俸制であったり、役職による手当てや退職金も多く出されます。

 

また、コンプライアンスもしっかりしています。
しかし、各地に事業所を展開している企業が多いため、転勤になりやすいリスクもあります
また、大企業だからといって倒産しないというわけでもありません。

 

 

中小企業の平均年収

こちらも業種などにもよりますが、中小企業の平均年収は400万円前後となっています。
大企業の平均年収と比べて約300~400万円ほどの違いがあります
中小企業は役職手当などがあることはまれで、福利厚生も会社によって大きく違ってきます。

 

しかし、従業員数が少ないところが多いので、従業員数総出で頑張って業績を上げればそれだけ給料に帰ってくることもあります

 

また、色々な仕事に取り組むこともでき、従業員やしいては会社のスキルアップにつながることもあります。

 

従業員の仕事の成果の分だけ給料に返ってくるなど、会社の大本である社長によっても待遇が代わってきます。

 

業績によっては会社が倒産すると言うリスクがあるため、安定性は低いですが倒産させないように従業員は仕事を懸命に取り組みます。

 

また、従業員数は少なく中小企業という部類に入っても、平均年収額が多い会社も存在します。
近年はベンチャー企業として起業し、大成功を収めている会社も少なくはありません。