この年収を稼げる職種や年代の層は、収入は多くても、出費も多くなるようです。

年収700万円の生活実態は?

 

あなたが独身であるならば、他人が羨む生活を送っていることでしょう。しかし、結婚している人の場合、目に見えてリッチな暮らしをしているわけではないとの話もあります。

 

それは恐らく、これくらいの年収を稼げるような職種や年代の層は、入ってくる収入は多くても、出費も多くなってしまうからではないでしょうか。

 

子どもを二人育てるとした場合、それだけでもお金は当然かかるわけですが、教育費にかけるお金の額が違ってくるのではないかと考えます。

野球とサッカーの画像

 

例えば、年収400万円の夫婦の場合、子供を育てるために当然お金を使うわけですが、生活にそれほど余裕がないため、部活動の費用を抑えようと用具の要らない部活しか認めなかったり、進学も私立は認めなかったりと選択肢が狭いのに比べ、お金に余裕のある層はもっと教育費にお金をかけられるわけです。

 

教育費なんて言うものは、青天井なところもあるので、かけてもかけても足りないという状態になります。

 

さてそれでは、年収500万円の生活実態を探ってみましょう。

 

家賃

1か月あたりの家賃額は、実家住まい等を除いて5万円~9万円の間が最も多いようです。

習い事や勉強

勉強や習い事に掛ける1月当たりの費用は、習い事をしていない人を除いて1万円以上が最も多くなっています。

ランチ

1回あたりのランチの予算は、弁当派を除いて800円~1000円が最も多いようです。

飲み代

1回あたりの飲み代の予算は、飲みに行かない人を除いて3000円~5000円が最も多くなっています。

デート

1回あたりのデート費用は、デートをしない人を除いて5000円~1万円の間が最も多いようです。

 

この年収層から一回当たりのランチ予算が増えました。
節約しつつもランチは少し良い物を、あるいは何か1品追加で購入しているのでしょうか。

 

 

<⇒年収600万円の生活実態とは?