独身であっても今後結婚する可能性があるので、それなりの貯蓄が必要です。

年収500万円の生活実態は?

 

1人暮らしであれば家財道具や電化製品などは新しい製品に割と勢いで買ってしまうこともあるかもしれません。あまり悩まずに買い物ができるということです。

 

自由度が高いゆえにギャンブル等に走ってしまう危険もありますので注意が必要です。
仮に今独身であっても今後結婚する可能性も0ではないので、それなりの貯蓄は必要です。

 

妻帯者で専業主婦と食べ盛りの子どもが二人いればどうでしょうか。

 

家賃12万円、水道光熱費4万円、食費12万円、交際費3万円として計31万円。
月収41万円から引いて残り10万円。

 

困る女性の画像

 

少し心元ないでしょうか?
食費と交際費をもう少し減らせるかもしれませんね。
食べ盛りの子どもに害がない範囲で節約しましょう。

 

では、年収500万円の生活実態はどうでしょうか。

 

家賃

月々に支払う家賃は、実家暮らし等を除いて5万円~9万円が最も多く、次いで9万円~15万円が続きます。

習い事・勉強

ひと月にかける習い事や勉強代は、習い事をしていない人を除いて、1000円~3000円未満が多いようです。

ランチ

1回あたりのランチの予算は、弁当派を除いて500円~800円の間が最も多く、次いで500円未満となります。

飲み代

1回あたりの飲み代の予算は、飲みに行かない人を除いて3000円~5000円が最も多く、次いで5000円~5000円が多くなります。

デート

1回あたりのデート予算は、デートしない人を除いて5000円~1万円が最も多く、次いで1万円以上が多いようです。

 

この年収から1回あたりのデート予算の額に違いが出ました。年収400万円より下の階層では1000円~5000円が最も多い値でしたが、年収500万円のクラスから額が上がります。

 

プレゼントされる品物や、遊びに行く娯楽施設のグレードがアップするということですね。