1人暮らしなら余暇を楽しみながら生活を送れますが、妻帯者となると一変します。

年収400万円の生活実態は?

 

1人暮らしであれば、年収400万円の収入があれば余暇を楽しみながら生活を送れるレベルでしょう。元々上流階級の人でなく、ごく普通の中流階級で育ってきた人であれば、あまりお金に不自由せずに暮らせるはずです。

 

家財道具などは一通り好みのものをそろえることができるでしょうし、少し家賃の高い物件に住むこともできるでしょう。月に数回のレストランで外食なども楽しめます。

 

ただし、余裕があるからと言ってギャンブルなどに浪費するようなことがあってはお金はいくらあっても足りません。身を滅ぼしかねない遊びは控えましょう。

 

1人暮らしなら余裕のある年収400万円の暮らしも、妻帯者となると一変します。

 

財布とお金の画像

共働きならば大丈夫ですが、妻が専業主婦で子どもも1人授かっている場合、家賃9万円、水道光熱費4万円、食費10万円、交際費1万円として計24万円。
月収33万円から引いて残り9万円です。

 

教育費もかかるでしょうから節約が必要になります。

 

では、年収400万円台の生活実態はどんなものでしょうか。

 

家賃

1か月の家賃に支払う額は、実家暮らし等を除けば5万円~9万円の間が最も多く、次いで9万円~15万円が多くなります。

習い事・勉強

1か月あたりの勉強代や習い事にかける費用は、習い事をしていない人を除けば3000円~5000円の間が多くなります。

ランチ

1回あたりのランチ予算は、弁当派を除けば500円未満が最も多く、次いで500円~800円の間が多くなります。

飲み代

1回あたりの飲み代の予算は、飲みに行かない人を除けば3000円~5000円の間が最も多く、次いで5000円~1万円が多いようです。

デート

1回あたりのデート予算は、デートをしない人を除けば1000円~5000円が最も多く、次いで5000円~1万円が多いようです。