飲み代やランチ代などを削減する工夫をしているようです。

年収300万円の生活実態は?

 

日本国民全体の中でこの年収300万円のクラスが人口的に最も多い人数を占めると言われています。
いわば日本人の平均ともいえるこのクラスはどのような生活を送っているのでしょうか。

 

月に得られる給料や報酬が25万円。

 

そこから家賃に5万円、水道光熱費が2万円、食費3万円、交際費に2万円とすれば、残り13万円を貯蓄と遊行費に回すことができます。

 

1人暮らしであれば十分に余裕のある暮らしができるのではないでしょうか。

 

結婚の画像

ただし、この年代に多い30代前半は結婚などのイベントがあります。

 

結婚を前提にしたお付き合いをしている場合、その交際費は高くなりますし、プロポーズ費用もかかります。指輪やリング代、式場に払う費用の積み立て、お相手の両親の接待など、思いのほか出費がかさみます。

 

すでに結婚して専業主婦の配偶者がいれば、食費が倍、水道光熱費と交際費が1.5倍と考えれば月17万円の出費。貯蓄や遊行費に回せるのは8万円ということになります。

 

子どもがいれば食費はもっと増え、教育費もかかってくるのでほとんど余裕のない生活になってしまうでしょう。

 

では、年収300万円の実際の生活はどんなものでしょうか。

 

家賃

月々の家賃に使われる金額は、実家暮らし等を除いて5万円~9万円の範囲が最も多いようです。

習い事・勉強

勉強や習いごとにかけるひと月の費用は習い事をしていない人を除いて3000円~5000円が多いようです。

ランチ

1回あたりのランチの予算は、弁当派を除いて500円未満が最も多く、次いで500円~800円の間が多いようです。

飲み代

1回あたりの飲み代の予算は、飲みに行かない人を除いて3000円~5000円の範囲が最も多いようです。

デート

1回あたりのデート予算はデートしない人を除いて1000円~5000円の間が多いようです。

 

年収300万円あっても世帯によってはまだまだ余裕がない世帯もあります。
飲み代やランチ代などはこのクラスでも削減する工夫をしているようです。