実家に住むことで家賃を節約できます。

年収200万円の生活実態は?

 

月に得られる給料や報酬が16万円。

 

その中から家賃を5万円、水道光熱費が2万円、通信費が1万円、食費3万円、交際費に1万円とすれば、残り4万円を貯蓄に回すことができます。

 

家財道具や電化製品などの故障による買い替えなどでいつ出費が発生するか分からないので、積み立て貯蓄はできるだけ浪費を防いでおかなければなりません。

 

これは単身世帯で考えた場合ですが、これが妻帯者で妻が何らかの事情で働けないなどの状況では生活はかなり厳しいものになるでしょう。

 

実際の年収200万円付近の方の生活実態を色々調べてみると、

 

家賃

月々支払う家賃は、実家住まいで家賃支払いが無しの人を除けば5万円~9万円の間が多いようです。

習い事

習い事や勉強にかける費用は習い事をしていない人を除けば1000円~3000円の間が多いようです。

ランチ

1回あたりのランチの予算は弁当派を除いて500円未満が最も多く、次いで500円~800円が続きました。

飲み代

1回あたりの飲み代への出費は飲みに行かない人を除いて3000円~5000円の間が多いようです。

デート

1回あたりのデート予算はデートしない人を除いて1000円~5000円となるようです。

 

 

ランチについて

小口の出費になる毎日のランチなどは自分でいくらでも工夫できるので、自宅から弁当などを用意して出費を控える工夫をしている人が多いようですが、ランチにお金をかけるならどれくらいになるかというと500円くらいが多いようですね。

弁当男子の画像

 

「弁当男子」の言葉が現れて久しいですが、男性も会社に弁当持参で出勤する人が多くなっているみたいです。

 

 

住まいについて

大口の出費になる家賃は実家住まい等で回避できればかなりの節約になります。

 

5万円~9万円という額は地方住まいの人にとってはかなりの高額物件に思えますが、首都圏では割と普通の値段なので、「屋根のあるところに住む」だけでもかなりの痛手になってしまうのです。

 

シェアハウスなどで家賃を節約するケースも良くみられますね。