「お金持ち」へのあこがれが強いので、それなりの消費をしてしまう傾向があります。

年収1000万円の生活実態は?

結果の画像

 

ノーベル経済学賞受賞者である、米プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授が行った大規模調査では、基本的に年収が上がれば人の幸福度は上がっていくが、それが5万5000ドル、日本円にして約900万円を過ぎると幸福度は上がらない、という結果が出ています

 

 

その数字を突破した年収1000万円プレイヤーはどんな生活を送っているのでしょうか。

 

収入が増えてもそれほど浪費をせず、コツコツ貯蓄をしながら生活をしている人もたくさんいます。

 

別に豪華なマンション住まいをしなくたって、セキュリティや通勤に問題が無ければ普通のマンションだって全然かまわないのです。

 

そういった人たちは出費が少ないので可処分所得が増えます。それを貯蓄に回せば、将来への安心感がどんどん増していくので、幸福度も上がっていくかもしれません。

 

しかし、消費の誘惑はそれほど甘くないようです。

 

「年収1000万円」という「お金持ち」への憧れが強い彼らは、「それなりの」消費をしてしまう傾向が強いといいます。

 

そのため貯蓄に回せる余裕資金がなくなり、いつもカツカツ状態を味わうことになるのです。

 

これでは将来の安心も確保できませんから、幸福度は上がりませんね。

 

奥さんと共働きならばいいですが、専業主婦の奥さんを抱えている場合、奥さんの方が「年収1000万」という額に安心してしまって、高級家具や豪華な外食でお金を贅沢に使ってしまう傾向が強いといわれています。

 

いずれこのクラスの年収層になっても、「自分はもう安泰だ。」という声は聞こえてきません。

 

打ち出の小づちの様な、お金が無制限に湧いて出るわけではないので、ちょっと贅沢を続ければ貯金までお金が回らなくなってしまう、というのがこのクラスの層でしょう。

 

 

<⇒年収800万円の生活実態とは?