「年収=人の幸せ」は成り立たない!?

年収で変わる生活レベルと幸福感は比例する?

 

一般的には「お金持ちになるほど幸せに違いない。」、「年収が1000万円もあればさぞ余裕のある暮らしをしているに違いない。」と思っている方は多いと思います。

 

確かにお金に余裕があれば欲しい物も買えるし、海外旅行に行って楽しむこともできるし、普段の生活だってちょっといいお酒を飲んでストレス発散もできるだろう、と思いますよね。

 

ところがある調査によると、「人の幸福度というものは、確かに年収が上がれば上がるほど高まるのだが、それはある一定レベルの報酬額までだ。」とする調査結果があるのです。

 

ノーベル経済学賞受賞者である、米プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授の調査によると、その一定の年収額とは5万5000ドル日本円にして約900万円ほどの金額です。

 

このくらいの年収額までは、やはり想像通り、稼げば稼ぐほどに幸福感を得られるということです。
しかし、これを超えると、これまでのようには幸福度合いは上がらないとされています。

 

面白い調査結果ですね。
ですが、なぜこのような結果になったのでしょうか?

 

⇒【年収200万円】【年収300万円】【年収400万円】の生活実態とは?

 

 

 

高額な報酬を得るにはリスクが必要

疲れている男性の画像

おそらく、高額な給料や報酬を得るために、自分や家族を犠牲にしなければならない度合いが増すためだと考えられます。

 

一般に金融会社などの高給の部類に属する人たちの生活実態を聞いてみても、あまり余裕のある回答が返ってきません。
報酬が高いということは仕事の強度が強いからであって、投入する時間や労力も大きくなります。

 

深夜までの残業や休日出勤などを繰り返し、それに見合った報酬が銀行口座に振り込まれても、家族の笑顔を見られない生活はその人に幸福感を与えてくれるでしょうか。

 

 

 

しかし、お金は大切!

かといって家族の笑顔が見られれば貧乏でも良いかというとそうではありません。
生活するには先立つものが必要です。
お金が少ない生活は家庭をギクシャクしたものにします。

 

夫婦間に起こる揉め事やイザコザの大部分はお金に起因するものだ、という調査結果もあります。

 

確かに世の中の揉め事はお金があるために起こるものよりも、お金が無くて起こることの方が断然に多いですよね。やはりお金は大事なのです。お金はない方が良い、というのは間違いです。

 

借金がある人は、将来結婚した時にお金ことで夫婦間トラブルにならないように、任意整理などをして、今のうちから借金を減らす努力をしておきましょう。

 

任意整理をお考えの方はこちら

 

 

どの程度までの自己犠牲を許容できるか?

問題はどの程度までの自己犠牲を許容できるか、というところにあるのではないかと思います。

 

「年収500万円を得るためだったら、普段の残業は2時間くらいならしてもよいが休みが全くないような勤め方は嫌だ。」とか、「年収1000万を稼ぐためだったら休日なんてなくたって構わないが、家族と別居してまでする気はない。」など、人によって得られる報酬のために支払う犠牲をどこまで許容できるかという基準が違ってきます。

 

そして、その基準というのが先ほどの45万人という人数に対して行った大規模調査から割り出されたのです。

 

日本円にして約900万円くらいまでは、それほどの犠牲を払わなくても何とか稼げるが、それ以上になると投入する時間や労力、払うべき代償が大きくなるので、金銭を得ても幸福度に繋がらないのではないか、ということですね。

 

 

プチ情報

アメリカの国旗の画像

ちなみにアメリカドルにして年収7万5000ドルというこの金額は、2008年のアメリカにおける一世帯当たりの平均年収とほぼ同じだということです。

 

アメリカの調査なので日本人の人生観とは完全に一致するわけではないかも知れませんが、これは意義のある調査結果だと思います。

 

それにしてもこの金額、一般庶民からすれば少し高めに見えますね。
年収900万円と言えば、日本ではかなりの高給取りとして見られます。

 

アメリカではそのくらいが平均年収ということなので、日本よりもアメリカの方が裕福と考えることができますね。この辺はやはり国力の差でしょうか。